鉱山社宅(自敬寮横)

  休廃止金属鉱山跡を訪ねて<補訂第2版>」より 自敬寮横の鉱山社宅です。 2階建てですが1階と2階が1軒の構造です。    

三菱金属ニュースNo49

三菱金属ニュースNo49 PDFファイル 5MB 1964年2月  

病院横の社宅

1981年頃 撮影 正面は鉱山病院横の社宅 入院病棟は取り壊されている 電柱あたりに病院の自転車置き場があった 左に行くと緑台、中島(社宅)へ通じる階段

中橋から社宅方面

当時の社宅は中央の壁を挟んで左右対称の長屋のつくり 間取り:6畳(2)4.5畳(1)3畳(1)台所、洗面所、風呂場、便所、物置(薪を置く) 電気、水道、テレビ(共同アンテナ)、電話(構内電話)  

中橋から黒橋方面

1981年ごろ 撮影 黒原の右側の(黒原)社宅は閉山後とり壊され鉱山の排水処理施設になる

鉱山病院と黒橋

1981年ごろ 撮影 対岸の槇峰側は現在もあまり変わっていない  

鉱山病院(1981年頃)

1981年ごろ 外観は特に荒れたところもないが入院病棟はすでに取り壊されていた。 このときはまだ緑台(社宅)へ通じる道路は舗装されていない GoogleMap座標 32.626139, 131.448408

高木商店付近(三叉路)

1981年ごろ 撮影 左上の建物は当時の郵便局 高木時計店(電気店)藤本床屋などあった 右に行くと美々地、左は菅原方面

中橋付近

1981年8月撮影 1944×2592pix  Jpeg

共同浴場~阿南商店

平成初めごろ撮影 2592×1944pix

波帰・新松崎社宅(1965年ごろ)

波帰・新松崎社宅の一部及び下美々地部 昭和40年頃 田中春夫 画

高木商店付近(1981年)

1981年(昭和56年8月)撮影 ナショナルの看板が見える。 左上の建物は旧郵便局

取り壊し前の協和会館

※昭和58年に取り壊し、現在槇峰保育園が移転

鉱山病院(1988年頃)

1988年(昭和63年)前後撮影 撮影場所:32.626090, 131.448460 建物右側は内科、左側は歯科 歯科は日之影から甲斐先生が週何日か来られた。 病院職員住宅はその後も利用されていて、 また病院裏の山側に […]

鉱山病院(玄関)1988年頃

1988年(昭和63年)前後撮影 病院玄関

  •